Tomorrow BelongsTo Nobody

アクセスカウンタ

zoom RSS 使用機材とかB (Moon JJ4)

<<   作成日時 : 2012/01/29 03:50   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像



今年2回目の更新です。順調に更新ペースが落ちてきていますねw
就活さえ終われば、更新頻度は回復すると思うのですが・・・( ^ω^;)


さて、就職活動が忙しいとか言っておきながら、このタイミングで新しいベースを嫁に迎えてしまいましたw
MoonのJJ4です。
元々以前紹介したCSのジャズベースのネックが不調だったこともあり、あちらを売りに出してしまったので、ジャズベースを探していたところでの偶然の出会いでした。

一般的なジャズベースの音を想定していたので、恐らくFenderのアメスタあたりになるかなあと思っていたのですが、ふらっと立ち寄った楽器屋さんで、ちょうど入荷したてのこのJJを見つけてしまい、その上品な見た目に釣られ試奏、音と弾きやすさに惹かれて購入、という流れです。お陰でまたローンを背負うことにwww

木材は、アッシュボディにエボニー指板。アルダー+ローズの音も好きなのですが、L-2000もそうだったように、どうも自分は重くて木目の綺麗な楽器に弱いようです(因みにこのJJ4は4.5キロくらい)w 写真では分かりづらいですが、ボディは真っ黒ではなく、木目が見えるバースト系のカラーです。


画像



ヘッド部のMoonロゴとPGMロゴもお洒落で好きです。ペグは逆巻き仕様となってます。


画像



また、ピックアップはJJシリーズの特徴としてフロントPUが斜めになっていて、これが1,2弦の音をよりブライトにすることに貢献しているようです。リアPUの位置は60年代・70年代ジャズベとも違う絶妙な位置にマウントされていて、作り手のこだわりが感じられます。さらにOXALIS-C PUとBartolini XTCTプリアンプの組み合わせにより、リアだけの音でも安っぽい硬すぎる音にはならず、このベースならではの艶感を出してくれます。

アッシュ+エボニーということで、スラップの音も素晴らしいです。スティングレイやAtelier Zのような尖ったハイというよりは、低音がしっかりと出てハイは少し抑えめながらもしっかりと抜ける色気のある音が出ているような気がします。当然指でもピックでも自分好みの音を出してくれますし、弾きやすさ、ネックの剛性感についても安心できる個体かなと。


この黒装束にゴールドの装飾をあしらった、高貴なお嬢様をもって次回の自分たちのオリジナルアルバム製作に取り組みたいと考えてます。まずは思い通りの音が出せるようにひたすら試行錯誤です♪



人気ブログランキングへ

にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
使用機材とかB (Moon JJ4) Tomorrow BelongsTo Nobody/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる